2


Making Of
2021

19 M シャネル
19 M Chanel

インスタレーション
Installation

Opening exhibition of the 19M, Chanel's crafts building, Making of presents the milestones of its creation. Using steel structures and intertwined ropes, this aerial intervention visually reveals a living fabric of collaborations.

The scaffolding structures are reminiscent of its construction, offering potential for future combinations of versatility, removability and infinite recombination. In keeping with this standardised vocabulary, a human-scale game of assembly that will soon to become the defining trademark of the 19M, a system of ropes focuses on knotting techniques. This installation was created empirically : tying, untying, tightening, undoing, with a powerful commitment to the philosophy of " making " trusting the process and the intelligence of the hand. The ropes stand for the progression in time, but also for the connections between all people who have contributed. Each knot plays a key role here, symbolically reconstructing this intricate human network.


シャネルのクラフトマンシップ施設、19Mのオープニングインスタレーションは、施設建設過程の重要な瞬間を具現化したものだ。ステンレスチューブとロープを組み合わせた軽やかな演出が、各分野の技術士たちの織り成す作業を可視化する。

建設工事の枠組みを使ったインスタレーションは、19Mが建設されていく記憶想起であり、動的で、交換自由、無限の組み合わせが自在、ロープワークは結び技術の万能さを生かしている。この規格化されたエレメントの提案が19Mのアイデンティティーになった。このインスタレーションは試作を重ねていく中で形作られていった。結び目をつくっては解き、束ねては解体し、明確な方針と「手作業」の思考のもとに作り上げられた。ロープは時の経過をであり、19Mで働くクリエーターたちの絆なのだ。結び目の一つ一つが、それぞれの機能を果たし、そこに紹介されている人々のつながりを象徴する。























Set design commissioned by Chanel for the opening of the 19M.
シャネルから依頼された19M開館記念展インスタレーション